« 今日のマーケットを振り返る 7月9日 | トップページ | 注目銘柄の財務・株価分析:国際石油開発帝石(1605) »

2010年7月10日 (土)

米国マーケットを振り返る 7月9日

ポイント

 2時過ぎから大引けにかけて上昇したダウ平均株価を好調であったと見るべきかどうか判断に迷うところです。個別銘柄を見ると、来週から本格化する決算を先取りして、上昇する銘柄が目立ちました。それにしてはマーケットの上値が重いというのが個人的な印象です。

マーケットの動向

 ダウ平均株価は、午前中に一時堅調な動きを見せたのですが、午後2時過ぎまでのザラバの大半はほぼ前日終値の付近に停滞しました。2時15分の時点では僅か0.53ドル高。ところがその後上げ足を速めて、59.04ドル、0.58%高で大引けを迎えています。

20100709

 大引けにかけての上昇を牽引したのはハイテク・セクターでした。ナスダック銘柄のアップルが0.59%上げましたが、2時以降の上昇が目を引きました。

Aapl20100709

 中国政府から免許の更新を受けたことが好感されたグーグルが2.39%と大きく上げたことが、ハイテクセクター全体の底上げに寄与したと見ています。

Goog20100709

 このハイテクセクターに加えて、来週から本格化する決算に対する期待がマーケットに強かったようです。アルコアが2.05%上げました。

Aa20100709

 さらに、JPモルガン・チェースも1.81%高となり、引け後の時間外取引でもさらに0、1%値を伸ばしています。ザラバの着実な上昇が印象的です。

Jpm20100709

 というわけで、ハイテク銘柄や決算を控えた銘柄が好調に推移したのですが、それにしてはマーケット全体の上値の重いのが気になりました。1週間で5.28%と大幅に上昇してきたこともあって、来週の展開は予断を許さないと思っています。

 VIX指数は2.84%低下しています。比較的に小幅でした。

Vix20100709

月曜日の日経平均株価への示唆

 CMEの日経先物価格(円ベース)9.615円が寄り付きのメドとなりそうです。

Cme20100709

 経済指標は6月の企業物価指数だけ。決算は30社ほどですがマーケットへのインパクトは限定的なようです。為替は多少円安方向に落ち着いた動きですから、ザラバは堅調ぎみな小動きと予想しています。

「人気ブログランキング」に参加しています。記事がお役に立ちましたら、下のバナーをワン・クリックお願いいたします。大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

本文中で使用しているデータやグラフ類は主に次の各社の公表しているものにお世話になっております。経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MONEYMSN MONEY、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、サーチナ、外為どっとコム 

|

« 今日のマーケットを振り返る 7月9日 | トップページ | 注目銘柄の財務・株価分析:国際石油開発帝石(1605) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

E グローバル経済と市場」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国マーケットを振り返る 7月9日:

» マーフィーの最強スパンモデルFX投資法を伝授 [教えてあげたい]
秘伝スパンモデルは相場というモンスターをあなたの味方、友とすることに... [続きを読む]

受信: 2010年7月11日 (日) 12時36分

« 今日のマーケットを振り返る 7月9日 | トップページ | 注目銘柄の財務・株価分析:国際石油開発帝石(1605) »