« ご連絡 | トップページ | 今日の日経平均株価は? 7月12日 »

2010年7月11日 (日)

注目銘柄の財務・株価分析:JXホールディングス(5020)

 ベトナムで製油所の建設・運営に進出するなど、積極姿勢が目を引くJXホールディングスの財務・株価分析をしてみました。

 ベトナムのプロジェクトは、ペトロベトナムとの合弁であり、資金計画など不明確な点も多いことから、分析の中に織り込んではいません。

 また、JXホールディングス自体が今年4月にスタートしたばかりで、新しい四季報にも一部の数値が抜けているため、会社の決算説明資料や経営方針資料で補っています。

 まず株価データから。7月9日の終値は490円です。

Jxhd120100709

 次に財務データです。全て一株当りの数字であることにご注意ください。今期(2011年3月期です)の利益が(一株当り)98円と、前年の29円から大きく増加します。理由は、新日本石油と新日鉱ホールディングスの統合に伴う「負ののれん代」という特殊要因です。来期は32円と通常の水準に戻ります。

Jxhd220100709

 財務分析は次のようになります。今期については、「負ののれん代」効果で、営業利益率が1.33%であるにもかかわらず、当期利益率が2.72%に跳ね上がります。基本的には、経営統合によって、資産回転率が低下気味です。製油所の統合などで、効率改善の余地が大きいと思われます。

Jxhd320100709

 それでは株価評価です。来期ベースで見ると、株価490円はBPS(一株当り純資産)707円とPBR(株価純資産倍率)0.69倍で構成されます。PBR0.69倍は、PSR(0.14倍)、総資産回転率(1.38回転)、財務レバレッジ(3.65倍)に分解されます。そこで、適正PSRを0.16倍と見て、目標株価を算出すると、目標株価は約570円。16%の上昇余地があると見ることができます。

Jxhd420100709

 なぜ適正PSRが0.16倍なのか? このPSRを使ってPBRを算出すると0.81倍のPBRとなり、ここ3年の上限である前期と同水準になるためです。海外進出が評価されれば、さらにプレミアムが期待できるのですが、一応保守的に考えています。

「人気ブログランキング」に参加しています。記事がお役に立ちましたら、下のバナーをワン・クリックお願いいたします。大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

本文中で使用しているデータやグラフ類は主に次の各社の公表しているものにお世話になっております。経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MONEYMSN MONEY、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、サーチナ、外為どっとコム   

|

« ご連絡 | トップページ | 今日の日経平均株価は? 7月12日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

B 銘柄関連情報(マテリアル系)」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

鋭いご指摘ありがとうございました。

重要なポイントだと思いましたので、本文の中で、私の見方をにべさせていただきました。

今後とも是非よろしくお願いいたします。

投稿: かかし | 2010年7月12日 (月) 11時44分

持ち株の評価損を検討してもですか???

投稿: いかがか | 2010年7月12日 (月) 00時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 注目銘柄の財務・株価分析:JXホールディングス(5020):

« ご連絡 | トップページ | 今日の日経平均株価は? 7月12日 »