« 欧州のストレステストを前に、米国マーケットは神経質な動き | トップページ | 米国マーケットを振り返る 7月23日 »

2010年7月24日 (土)

ストレステスト後の為替と株価

 先ほど(日本時間午前1時)にストレステストの結果が公表されました。

 その内容は確認できていないのですが、とりあえずマーケットの反応です。

 まず為替。ユーロドル1分足で見ると、発表直後にユーロ高に振れましたが、すぐにユーロ安に転じています。テストの内容が必ずしも満足のいくものではなかったのではと推測しています。

C20100723

 次に株式市場。ダウ平均株価は直後に下落しました。ただし、大きな振れとは言えないようです。ここからも、少なくともプラスの驚きがなかったことが示されているようです。(欧州時間で午後5時の発表ですから、欧州の株式市場への影響は来週月曜日に出てきます。)

A20100723

 とはいえ、ある程度時間をかけて消化されることで、評価が変わることもありますから、今後の動きに注目したいと思っています。

「人気ブログランキング」に参加しています。記事がお役に立ちましたら、下のバナーをワン・クリックお願いいたします。大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

本文中で使用しているデータやグラフ類は主に次の各社の公表しているものにお世話になっております。経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MONEYMSN MONEY、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、サーチナ、外為どっとコム

|

« 欧州のストレステストを前に、米国マーケットは神経質な動き | トップページ | 米国マーケットを振り返る 7月23日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

E グローバル経済と市場」カテゴリの記事

K ちょっと一言」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ストレステスト後の為替と株価:

« 欧州のストレステストを前に、米国マーケットは神経質な動き | トップページ | 米国マーケットを振り返る 7月23日 »