« 6月の米雇用統計は中立要因? | トップページ | 米国マーケットを振り返る 7月2日 »

2010年7月 2日 (金)

米製造業受注指数はコンセンサスを下回る

 米国の5月の製造業受注指数は前月比-1.4%とコンセンサス(-0.6%)よりも弱い数字でした。

 この数字を受けて、ダウ平均株価がマイナスに転じています。

A20100702_4

 ただし、大きなショックというわけではなく、株価もすぐに戻し始めているようです。

 先ほどご紹介した6月の雇用統計と合わせて、月曜日の日経平均株価へのインパクトは限定的と見られます。

 (お詫び) 今日は所用のため、「今日のマーケット動向」を書く時間がとれず、週末にご報告いたします。よろしくお願いいたします。

「人気ブログランキング」に参加しています。記事がお役に立ちましたら、下のバナーをワン・クリックお願いいたします。大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

本文中で使用しているデータやグラフ類は主に次の各社の公表しているものにお世話になっております。経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MONEYMSN MONEY、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、サーチナ、外為どっとコム 

|

« 6月の米雇用統計は中立要因? | トップページ | 米国マーケットを振り返る 7月2日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

E グローバル経済と市場」カテゴリの記事

K ちょっと一言」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米製造業受注指数はコンセンサスを下回る:

« 6月の米雇用統計は中立要因? | トップページ | 米国マーケットを振り返る 7月2日 »