« また為替か! | トップページ | 今日の日経平均株価は? 8月18日 »

2010年8月17日 (火)

今日のマーケット動向 8月17日

ポイント

 今日は、9,135円と多少下落しての寄り付きと、堅調ぎみ小動きなザラバを想定していました。スタートは9,090円と想定を45円近く下回ってしまいましたが、ザラバは72円近く下げ幅を縮める予想以上に堅調な展開となりました。結果的には、期待と大きな乖離はなかったという感じです。今日は米株先物が堅調に推移していますから、大きく円高に振れない限り、明日の日経平均株価は上昇してのスタートが期待できそうです。

今日のマーケット動向

 106円安と大きく下げてスタートした日経平均株価は、10時近くに多少のモタつきを見せましたが、鮮明な回復基調を維持したまま、34.99円、0.38%の小幅な下げで終えました。寄り付きから71円ほど上昇しての大引けです。

20100817

 比較的に落ち着いた動きをしていたドル円が7時45分ごろから、株式市場の開始直前にかけて大きく円高に振れたことが、寄り付きの足を引っ張ったと見ています。

D20100817

 ところが、そのドル円がザラバでは落ち着きを取り戻しました。ユーロ円はドル円以上に円安方向に振れています。この動きがザラバの回復を牽引したようです。

B20100817_2

 後場に入って目についたのは、為替と直接的に関係の薄い不動産株の堅調な動きでした。不動産経済研究所による7月の首都圏と近畿圏のマンション市場動向調査が好調なものであったことが直接の引き金であったと見られます。住友不動産が2.44%と急騰しました。

20100817_2

 アジア市場はマチマチでしたが、欧州市場は上昇しています。ドイツ、フランス、オーストリア、ベルギー、オランダ、ノルウェーなど軒並みに1%を越える上げとなっています。

 この欧州の動きを背景に、GLOBEXのダウ(+45ドル)、ナスダック(+9.25ポイント)ともに好調な推移です。

Cme20100817

 ただし、今日は卸売物価指数、住宅着工件数、建設許可件数、鉱工業生産など重要な7月の経済指標が目白押しです。

 ウオルマート、ホームデポなどの決算からも目が離せません。

 したがって、今日の米国株式市場の動きは、予断を許さないのですが、まず堅調な展開になりそうだと見ています。

 為替が大きく円高に振れない限り、日経平均株価は上昇しての寄り付きとなりそうです。

 菅、白川会談が来週ありそうだということもあり、円高への振れの可能性は大きくないと見ています。しかし、会談の成果は期待していません。4-6月のGDPを見て、あわててポーズを見せたということで、明確な方針や戦略が出てくることはないだろうと考えています。したがって、会談後の失望による円高への振れをむしろ心配しています。

「人気ブログランキング」に参加しています。記事がお役に立ちましたら、下のバナーをワン・クリックお願いいたします。大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

本文中で使用しているデータやグラフ類は主に次の各社の公表しているものにお世話になっております。経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MONEYMSN MONEY、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、サーチナ、外為どっとコム

|

« また為替か! | トップページ | 今日の日経平均株価は? 8月18日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

F 日本経済と市場」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日のマーケット動向 8月17日:

« また為替か! | トップページ | 今日の日経平均株価は? 8月18日 »