« 在庫循環モメンタムで米国景気の方向性を探る | トップページ | ご連絡 »

2010年8月 8日 (日)

在庫循環モメンタムと株式市場

 在庫循環モメンタムと株式市場には連動性が見られます。景気と株価が連動するということです。

 そこで、在庫循環モメンタムの局面が異なると、株式市場で活躍するセクターが違ってくるという点に焦点を合わせて、次のような図を利用しています。

20100808

 現在の日本の鉱工業在庫循環モメンタムはこのような形になっています。

620100731

 4月の統計指標が発表された6月あたりからピークアウト感が出ています。景気抵抗力の強いディフェンシブ株に注目すべき局面に入ったということです。

 そこで、代表的なディフェンシブ株の6月以降の動きを追ってみました。

 まず東京電力。6月以降の反発が鮮明です。ただし、その直前の急落のはんどうという要素もあるので、本格的な動きはこれからかもしれません。

2010080800000

 次に武田薬品工業。電力と並ぶディフェンシブ・セクターの双璧である医薬品の代表銘柄です。6月以降の地合いが好転してきています。

2010080800000_2

 食品セクターからは味の素を選んでみました。やはり、6月以降に堅調さを増しているようです。

20100808_2

「人気ブログランキング」に参加しています。記事がお役に立ちましたら、下のバナーをワン・クリックお願いいたします。大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

本文中で使用しているデータやグラフ類は主に次の各社の公表しているものにお世話になっております。経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MONEYMSN MONEY、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、サーチナ、外為どっとコム

|

« 在庫循環モメンタムで米国景気の方向性を探る | トップページ | ご連絡 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

H 投資を考える」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 在庫循環モメンタムと株式市場:

« 在庫循環モメンタムで米国景気の方向性を探る | トップページ | ご連絡 »