« 円高気味に動く為替 | トップページ | 今日のマーケットを振り返る 9月14日 »

2010年9月14日 (火)

8月の米国小売売上高はコンセンサスを上回る

ポイント

 米国商務省の発表した8月の米国小売売上高は事前予想よりも強い数字でした。

 小売り全体では前月比+0.4%。コンセンサスは+0.3%でした。

 自動車を除く小売売上高は+0.6%。予想は+0.3%。

820100914

 7月の数字が下方修正されたことも影響しているのかもしれませんが、予想より良い数字であるにもかかわらず、米株先物に対する影響は限定的でした。ドル円も、発表直後に大きくドル高(円安)に振れたのですが、その後は揺り戻しどころか、さらに円高が進んでしまったように見えます。

D20100914

 ということで、今日の米国株式市場で焦点となっていた経済指標のインパクトは限定的なようです。

 今日はこの他に、7月の企業在庫が発表されます。決算はベストバイが注目されています。

「人気ブログランキング」に参加しています。記事がお役に立ちましたら、下のバナーをワン・クリックお願いいたします。大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

本文中で使用しているデータやグラフ類は主に次の各社の公表しているものにお世話になっております。経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MONEYMSN MONEY、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、サーチナ、外為どっとコム 

|

« 円高気味に動く為替 | トップページ | 今日のマーケットを振り返る 9月14日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

F 日本経済と市場」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8月の米国小売売上高はコンセンサスを上回る:

« 円高気味に動く為替 | トップページ | 今日のマーケットを振り返る 9月14日 »