« 米国マーケットを振り返る 9月10日 | トップページ | 今日の日経平均株価は? 9月13日 »

2010年9月13日 (月)

ご連絡

 明日(13日)午前7時に、FXブログ「野村雅道と楽しい投資仲間達」に、私の投稿記事「株価と為替」が掲載されます。お時間があれば、是非ご参照願えればと存じます。

 実は、その中で、円高のメドとして国際通貨研究所の作成しているドル円の購買力平価を用いて、72.16円あたりまでの円高を見ておく必要があると指摘しました。輸出価格で測った購買力平価です。国際的に高い競争力を持つ製品が中心となるためにこのような数字になるわけです。

20100823

 ところが、同研究所は、その後さらにアップデートしていました。7月時点のデータで算出した輸出価格ベースの購買力平価は、72.16円ではなく、70.40円となっています。もう一段円高のレベルを見ておく必要があるということです。

20100911

 政府・日銀がこれまでのような円高放置政策を続けていれば、このあたりまでの円高を覚悟しなければなりません。

 そこで問題は、為替と株価がきれいに連動していること。つまり、円高が進めば、ほぼ同じペースで株安が進むということです。

 1ドル79円台をつけた1995年のころの、為替と株価の動きをみると、現在と同じような動きをしています。

199520100911

 この図を見ていると、現在政府や日銀が「断固とした」口先介入をするたびに、妙な期待感を持つことなく、さらなる円高を想定した内需ディフェンシブ銘柄中心のポートフォリオでマーケットの下落に対応するか、あるいは売りで臨むのが適切であるように思われます。

 そして、円高がメドとする水準に到達すると、今度は政府や日銀の対応とは何の関連もなく円安方向に振れる可能性が大きいと考えられます。その場合は、これまでのマーケットの低迷分が一転して上昇ポテンシャルとなります。

 先日は、在庫循環モメンタムという景気指標をもとに、2011年は良い年になりそうだと申し上げました。その動きに円安への振れが重なると、単に「良い年」ではなく「非常に良い年」になるかもしれません。

追伸:今日は一日外出しており、何のご報告も出来ませんでした。申し訳ありません。

「人気ブログランキング」に参加しています。記事がお役に立ちましたら、下のバナーをワン・クリックお願いいたします。大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

本文中で使用しているデータやグラフ類は主に次の各社の公表しているものにお世話になっております。経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MONEYMSN MONEY、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、サーチナ、外為どっとコム 

|

« 米国マーケットを振り返る 9月10日 | トップページ | 今日の日経平均株価は? 9月13日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

K ちょっと一言」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

是非また来てください。
よろしくお願いいたします。

投稿: かかし | 2010年9月15日 (水) 00時17分

さぁて
風呂入ろうかな。
その前に応援ぽち!

また来ます。

投稿: 中国語 初心者 ボウスーの勉強帳 | 2010年9月13日 (月) 02時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ご連絡:

« 米国マーケットを振り返る 9月10日 | トップページ | 今日の日経平均株価は? 9月13日 »