« 今日の日経平均株価は? 10月28日 | トップページ | 今日のマーケットを振り返る 10月28日 »

2010年10月28日 (木)

米国株式市場を振り返る 10月27日

ポイント

 好調な経済指標がダウ平均株価の下落を誘いました。しかし、半導体を中心にテクノロジー・セクターは堅調で、ナスダックは小ながら上昇しています。VIX指数が2時過ぎから低下しており、投資家心理の落ち着きを示唆しています。全体としては弱いマーケットという印象はありません。

米国マーケットの動向

 スタート直後から軟調な展開となったダウ平均株価は、11時近くには下げ幅を150ドル近くまで拡げました。その後もしばらく停滞局面が続きましたが、2時過ぎから反発を見せ、43.18ドル、0.39%安で終了しています。

20101027_3

 9月の耐久財受注や新築住宅販売件数がコンセンサスを上回ったことが、マーケットの重石となりました。FRBによる量的金融背緩和政策に対する期待が過大であったのではという懸念を増幅したためです。

 VIX指数を見ると、新築住宅販売件数が発表された10時以降急上昇しており、投資家心理が悪化して、リスク許容度が低下したことを示唆しています。

20101027_4

 FRBによる金融緩和期待の後退は長期金利を上昇させています。

1020101027

 金利の上昇が、対ユーロでドルの上昇を招き、国際商品価格の低下を誘いました。0.74%下落した原油価格を反映して、シェブロンが0.99%下げています。

20101027_5

 ただし、長期金利の上昇は金融セクターにはプラスに作用したようです。JPモルガン・チェースが0.91%上昇していますが、午後に入ってからの堅調さが目立ちました。ダウ平均株価の大引けにかけての反発に貢献したものと見られます。

20101027_6

 テクノロジー・セクターは堅調でした。SOX指数(フィラデルフィア半導体指数)が3.09%と大幅に上昇しています。

20101027_7

 好決算のチップメーカー、ブロードコムの株価が11.66%と急騰したことが影響したと見ています。

20101027_8

 この動きを背景に、ナスダック総合指数は5.97ポイント、0.24%の小幅高で終えています。

20101027_9  

 全体として見れば、ダウ平均株価がザラバで多少の反発を見せたことや、ナスダックが小幅ながらも上昇したことから、あまり弱いという印象はありませんでした。

「人気ブログランキング」に参加しています。記事がお役に立ちましたら、下のバナーをワン・クリックお願いいたします。大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

本文中で使用しているデータやグラフ類は主に次の各社の公表しているものにお世話になっております。経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MONEYMSN MONEY、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、サーチナ、ゴールデン・チャート、外為どっとコム 

|

« 今日の日経平均株価は? 10月28日 | トップページ | 今日のマーケットを振り返る 10月28日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

E グローバル経済と市場」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国株式市場を振り返る 10月27日:

« 今日の日経平均株価は? 10月28日 | トップページ | 今日のマーケットを振り返る 10月28日 »