« 海外マーケットのj動向 10月11日 | トップページ | 今日の日経平均株価は? 10月12日 »

2010年10月11日 (月)

日本の株式市場の底打ちが視野に!?

 昨日は「三角関数の微分という考え方」についてお話しました。

 それをもとに、今日は鉱工業の在庫循環モメンタムを見てみようと思います。在庫循環モメンタムは、出荷金額の増減率から在庫金額の増減率を差し引いて作成する簡単な景気指標です。

A20101009

 上の図には予想も入っています。直近の実績である8月の出荷と在庫がその後も大きく変動しないと仮定して、シミュレーションしたものです。最近の動きを拡大してみると次のようになります。

B20101009

 ポイントは、暑夏効果もあって多少下げ止まりを見せた鉱工業の在庫循環モメンタムですが、9月以降再び下落する見通しです。しかしながら10-12月に大底を打って上昇に転ずる兆しが明確になっているように見えます。

 この鉱工業在庫循環モメンタムは昨年の2月に底を打ちました。1か月遅れてマーケットもリーマンショックから立ち直って上昇に転じました。

 今年の鉱工業在庫循環モメンタムは反落に転じました。その動きに沿うようにマーケットも低迷が鮮明になりました(「景気の方向性を探る」)。

 そして年末に向けて鉱工業在庫循環モメンタムは再び底を打つ兆しです。実際に底打ちを確認してからでも遅くはないのですが、そろそろ来年のマーケットの上昇に向けた準備が必要になりそうです。

 この点については、FXブログ「野村雅道と楽しい投資仲間達」への私の投稿記事「2011年の株式市場を読む」をご参照いただければと存じます。

この観点はかなり重要と個人的には考えています。したがって、これから何回か繰り返してお話することになりそうです。

「人気ブログランキング」に参加しています。記事がお役に立ちましたら、下のバナーをワン・クリックお願いいたします。大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

本文中で使用しているデータやグラフ類は主に次の各社の公表しているものにお世話になっております。経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MONEYMSN MONEY、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、サーチナ、ゴールデン・チャート、外為どっとコム 

|

« 海外マーケットのj動向 10月11日 | トップページ | 今日の日経平均株価は? 10月12日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

F 日本経済と市場」カテゴリの記事

G ストラテジー」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の株式市場の底打ちが視野に!?:

« 海外マーケットのj動向 10月11日 | トップページ | 今日の日経平均株価は? 10月12日 »