« 今日の日経平均株価は? 11月2日 | トップページ | 米国マーケットを振り返る 11月2日 »

2010年11月 2日 (火)

米国マーケットを振り返る 11月1日

ポイント

 翌日に中間選挙とFOMCを控え、ダウ平均株価は小幅高で終えています。ただし、ザラバでは大きく値を崩しており、決して堅調とは言えません。10月のISM製造業景況指標が強かったことが、ザラバでの停滞の背景であったと見ています。QE2(量的金融緩和第2弾)への期待で上昇してきた株式市場にとって、強い経済指標は歓迎されなかったようです。

米国マーケットの動向

 好調にスタートしたダウ平均株価は10時頃には上げ幅を125ドル余りに拡大しました。しかし、その後は一転して下げ基調となり、3時過ぎには56ドル安をつけています。高値から180ドル余り下落したことになります。大引けにかけて多少戻したものの、結局6.13ドル、0.06%の小幅高で終了しました。

20101101_2

 好調なスタートの背景には、10月のPMIが予想を上回り2.52%の急騰を見せた上海総合指数が大きく影響したようです。

20101101_3

 加えて、9月の米国個人所得および個人消費がコンセンサスを下回ったことが、FOMCによるQE2への期待感を強め、マーケットからはむしろ好感されました。

 ところが10時に発表された10月のISM 製造業景況指数が予想を大きく上回り、9月の建設支出が堅調に増加したことが確認されると、マーケットの基調が悪化に転じました。

 VIX指数を見ると、好調な指標が発表された直後は一時的に低下したのですが、すぐに急速な上昇に転じています。マーケット心理が悪化して、投資家のリスク許容度が低下した様子が示唆されています。

Vix20101101

 好調な経済指標を反映して、対ユーロでドル高が進行したことも。マーケットの重石になったようです。

A20101102_3

 ドル安の恩恵を受けるハイテク・セクターには逆風となり、SOX指数(フィラデルフィア半導体指数)は0.32%低下しました。

Sox20101101

 ハイテクの比重が高いナスダック総合指数も0.10%の下落となっています。

 このように、米国株式市場は小幅な動きで終えてはいるのですが、ザラバの基調は決して堅調というわけではありませんでした。翌日に中間選挙やFOMCのQE2を控えて、神経質な動きが目立ったという印象です。

「人気ブログランキング」に参加しています。記事がお役に立ちましたら、下のバナーをワン・クリックお願いいたします。大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

本文中で使用しているデータやグラフ類は主に次の各社の公表しているものにお世話になっております。経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MONEYMSN MONEY、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、サーチナ、ゴールデン・チャート、外為どっとコム

|

« 今日の日経平均株価は? 11月2日 | トップページ | 米国マーケットを振り返る 11月2日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

E グローバル経済と市場」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国マーケットを振り返る 11月1日:

« 今日の日経平均株価は? 11月2日 | トップページ | 米国マーケットを振り返る 11月2日 »