« 大幅に改善した米国雇用統計だが・・・ | トップページ | 今日の日経平均株価は? 11月8日 »

2010年11月 6日 (土)

米国マーケットを振り返る 11月5日

ポイント

 注目された10月の米国雇用統計はコンセンサスを大きく上回る改善を見せました。しかし、株式市場への影響は限定的で、ダウ平均株価は小幅高で終えています。一方、為替市場ではドルに対して円安が進んだことから、月曜日の日経平均株価にとっては追い風になりそうです。

米国マーケットを振り返る

 モタつき気味にスタートしたダウ平均株価は、11時前には何とか16.69ドル高まで上昇しました。しかしその後は停滞色を強め、2時過ぎには42.32ドル安をつけています。ただ、大引け直前の30分に切り返しを見せて、9.24ドル、0.08%の小幅高で終えました。

20101105

 ザラバの動きを見る限り、「好調な雇用統計に支えられて続伸」とは説明しにくい感じです。(「大幅に改善した米国雇用統計だが・・・」)

 むしろ、FRBが自己資本比率の高い金融機関に対して配当増額を容認するという前日に流れた報道や、中間選挙での共和党の下院勝利を背景に、銀行株が大きく上昇していることを勘案すると、ザラバの基調は弱いという印象です。ちなみに、ウェルズ・ファーゴが6.41%の急騰となっています。

Wfc20101105

 マーケットの心理状態を示唆するVIX指数の動向を見ると、日中は上下を繰り返しており、不安定な様子でした。

Vix20101105

 一方、為替市場ではユーロドルがユーロ安ドル高方向に振れています。

A20101106

 このドル高はマーケットに重石になったようです。ドル安の恩恵を受けるハイテク銘柄に軟調なものが数多く見られました。SOX指数(フィラデルフィア半導体指数)は0.58%上げたのですが、日中は停滞感の強い展開でした。

Sox20101105

月曜日の日経平均株価への示唆

 好調な米国雇用統計を背景にドル高円安が進みました。この円安が日経平均株価には追い風となりそうです。

A20101106_2

 CMEの日経先物価格(円ベース)は9.700円となっており、この近辺を月曜日の日経平均株価のメドとしています。

Cme20101105

「人気ブログランキング」に参加しています。記事がお役に立ちましたら、下のバナーをワン・クリックお願いいたします。大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

本文中で使用しているデータやグラフ類は主に次の各社の公表しているものにお世話になっております。経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MONEYMSN MONEY、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、サーチナ、ゴールデン・チャート、外為どっとコム

 

|

« 大幅に改善した米国雇用統計だが・・・ | トップページ | 今日の日経平均株価は? 11月8日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

E グローバル経済と市場」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国マーケットを振り返る 11月5日:

« 大幅に改善した米国雇用統計だが・・・ | トップページ | 今日の日経平均株価は? 11月8日 »