« ダウ先物価格が下げ幅を拡大 | トップページ | 米国マーケットの動向 11月30日 »

2010年12月 1日 (水)

今日の日経平均株価は? 12月1日

ポイント

 米国株式市場は下落しましたが、懸念したほどは大きな下げではなかったという印象があります。したがって、昨日の夜間取引で日経先物価格が一段と下げているのですが、今日の日経平均株価の寄り付きは前日終値の近辺となりそうです。9,930円程度と見ています。ただし、円高の進行には要注意です。特に対ユーロの動きには警戒しています。マーケットを引き上げる特別の要因が見当たらないことから、ザラバは軟調気味な推移を想定しています。

米国株式市場の動向

 スタート直後に109ドルまで下げ幅を拡げたダウ平均株価でしたが、その後は盛り返して、1時過ぎにはプラスに転じました。しかし、大引け前には再び調整色が強まり、結局46.47ドル、0.42%安で終えています。

20101130

 詳細については後ほどご報告しますが、経済指標が強かったこともあって、スタート時点で懸念されたほど大幅な下げにはならなかったという印象です。ただし、対ユーロでドル高が進んだ影響が大きかったように見えます。

A20101201

今日の日経平均株価は?

 CMEの日経先物価格(円ベース)が9,935円となっていますので、今日の日経平均株価は9,930円近辺で寄り付くのではないかと見ています。

Cme20101130

 ただし、円高の進行がマーケットの重石になることを警戒しています。ドル円60分足はこのように動いています。

A20101201_2

 ドル円以上に気になるのがユーロ円。

A20101201_3

 今日は重要な国内の経済指標は見当たりません。決算は、伊藤園、サガミ・チェーンなど4社程度です。

 午後になると、ベージュブック(米地区連銀報告)、7-9月期の労働生産性・改定値、11月のISM製造業景況指数の発表を控える米株先物の推移が気になりますが、前日に強めの指標が続いたこともあって、平穏な動きと考えています。

 

「人気ブログランキング」に参加しています。記事がお役に立ちましたら、下のバナーをワン・クリックお願いいたします。大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

本文中で使用しているデータやグラフ類は主に次の各社の公表しているものにお世話になっております。経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MONEYMSN MONEY、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、サーチナ、ゴールデン・チャート、外為どっとコム

|

« ダウ先物価格が下げ幅を拡大 | トップページ | 米国マーケットの動向 11月30日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

F 日本経済と市場」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の日経平均株価は? 12月1日:

« ダウ先物価格が下げ幅を拡大 | トップページ | 米国マーケットの動向 11月30日 »