« 今日のマーケットを振り返る 12月17日 | トップページ | 注目企業の財務株価分析:大塚ホールディングス(その2) »

2010年12月18日 (土)

米国マーケットを振り返る 12月17日

ポイント

 欧州市場の停滞を映して、軟調にスタートしたダウ平均株価でしたが、ユーロが持ち直すとともに安心感が広がり、ほぼ前日終値付近で終えました。これを受けて、月曜日の日経平均株価も動きのないスタートになりそうです。

米国マーケットの動向

 アイルランドの国債格付け引き下げで、警戒気味にスタートしたダウ平均株価は10時半過ぎに48ドル余りまで下げ幅を拡げました。しかしその後は徐々に回復に転じ、7.34ドル、0.06%の小幅安で終えました。

20101217

 回復に転ずる伏線は、コンセンサスどおりとはいえ、11月の景気先行指標が前月比1.1%上昇したことがあったと見られます。

20101217_2

 しかし、回復の直接の原因は、ユーロ安がおさまり、次第にドル高へ戻りを見せたことだと考えています。

A20101218

 ドル安への動きに連動するように、ハイテク指標であるSOX指数(フィラデルフィア半導体指数)が回復に転じています。

Sox20101217

 前日引け後に好業績を発表したオラクルが3.94%と急騰したこともあって、ナスダック総合指数は5.66ポイント、0.21%高となっています。

Orcl2010121700000

 ダウ平均株価は3時から多少軟調気味な動きを見せましたが、週末の利益確定に過ぎないと考えています。銘柄ではコストコなど消費関連が利益確定の対象になったように見えます。

Costco20101217

月曜日の日経平均株価への示唆

 CMEの日経先物価格(円ベース)は10,300円となっています。先週に続くき、来週もこの水準を挟んだ小幅な値動きを繰り返しそうな様子です。

Cme20101217

 ドル円は、先週金曜日に比べて大きな変動はありません。

A20101218_2

米国の景気先行指数について

 カンファレンス・ボードによる11月の景気先行指数は前月比1.1%上昇しました。コンセンサスどおりであったため、マーケットへのインパクトは限定的でしたが、下支えの効果はあったようです。

 ご参考までに、長期的な視点から見た景気先行指数の動きをご紹介しておきます。100年に一度の大恐慌とされたリーマンショックの中の動きが、1970年代の石油ショックの時期の変動に比べれば、取るに足りない小さな変化であるところが興味深いところです。

Lei20101217

 

「人気ブログランキング」に参加しています。記事がお役に立ちましたら、下のバナーをワン・クリックお願いいたします。大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

本文中で使用しているデータやグラフ類は主に次の各社の公表しているものにお世話になっております。経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MONEYMSN MONEY、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、サーチナ、ゴールデン・チャート、外為どっとコム

|

« 今日のマーケットを振り返る 12月17日 | トップページ | 注目企業の財務株価分析:大塚ホールディングス(その2) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

E グローバル経済と市場」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国マーケットを振り返る 12月17日:

« 今日のマーケットを振り返る 12月17日 | トップページ | 注目企業の財務株価分析:大塚ホールディングス(その2) »