« 米国マーケットの動向 12月1日 | トップページ | 今日の日経平均株価は? 12月3日 »

2010年12月 2日 (木)

今日のマーケットを振り返る 12月2日

ポイント

 海外要因を映して高く寄り付いた日経平均株価は、45円足らずの狭い値幅の中での変動を繰り返して大引けを迎えています。今日の米株先物は、週間ベースの新規失業保険申請件数が予想より多かったことから、多少調整色を見せていますが、3日の雇用統計に対する期待が強いため、堅調な基調が崩れることはないと見ています。明日の日経平均株価の足を引っ張ることはなさそうです。

今日の日経平均株価を振り返る

 163円高でスタートした日経平均株価は、ほぼ横ばいの値動きで180.47円1.81%高で終了しました。

20101202

 欧州や米国のマーケットの上昇を背景に大幅高となった後は、特別な上昇要因がなく、同時に売り向かう理由もなかったということだと見ています。

 夕場の日経先物価格が6時過ぎから多少の動意を見せたのですが、欧州市場の上昇→米株先物の上昇→日経先物の上昇ということで、やはり海外要因であるようです。

Ftse20101202

海外市場の動向

 アジアは上昇しました。インドネシアが2%を越えて上げています。強い経済指標を背景に、資源株が上昇する一方で、金融引き締め懸念が重石となった上海総合指数は0.71%の上げにとどまっています。

 欧州市場も上げています。オーストリア、ベルギー、イタリアが1%を越える上昇を見せています。

 GLOBEXでは、ダウ(+15ドル)、ナスダック(+6.25ポイント)ともに上げています。ただし、週間ベースの新規失業保険が43万6千人と、事前予想の42万4千人を上回ったため、上げ幅が縮小しています。

 今日はこの後、10月の中古住宅販売保留の数字が発表されます。

 新規失業保険で多少調整色を見せているGLOBEXですが、これまで好調な経済指標が続いているため、3日に発表される雇用統計が良好であることを期待する動きに大きな変化はないだろうと考えています。

「人気ブログランキング」に参加しています。記事がお役に立ちましたら、下のバナーをワン・クリックお願いいたします。大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

本文中で使用しているデータやグラフ類は主に次の各社の公表しているものにお世話になっております。経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MONEYMSN MONEY、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、サーチナ、ゴールデン・チャート、外為どっとコム

 

|

« 米国マーケットの動向 12月1日 | トップページ | 今日の日経平均株価は? 12月3日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

F 日本経済と市場」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日のマーケットを振り返る 12月2日:

« 米国マーケットの動向 12月1日 | トップページ | 今日の日経平均株価は? 12月3日 »