« 今日の日経平均株価は? 12月21日 | トップページ | 今日のマーケットを振り返る 12月21日 »

2010年12月21日 (火)

 米国マーケットを振り返る 12月20日

 堅調な欧州市場を映して、底堅いスタートを切ったダウ平均株価でしたが、対ユーロで急速にドル高が進んだために値を崩し、11時過ぎには49ドル安をつけました。その後は回復基調に転じたものの、13.78ドル、0.12%の小幅安で終えています。

20101220_2

 ドル高の背景としては、ムーディース社がスペインの銀行の格下げをする可能性があることが指摘されています。ただし、スペインの株式市場(IGBM)が0.90%上昇していることや、イタリア(MIB)も1.51%の急騰を見せていることは念頭に置く必要がありそうです。

A20101221_2

 おそらく、韓国の砲撃演習に伴う朝鮮半島の緊迫化を警戒する見方も、ドル高の理由の一つになったと推測しています。

 長期金利の上昇も要因の一つになったように見えるのですが、金利上昇は午後になってから目立っているので、ドル高とは直接の関係はなかったようです。

20101220_3

 以上のように、為替の動きの背景は多少複雑でしたが、いずれにしても、ドル高がおさまり、ドル安への戻りを見せると、株式市場は落ち着きを取り戻しました。

 VIX指数を見ると、11時過ぎから低下が目立ち、投資家心理の改善が見られます。

Vix20101220

 11時過ぎからマーケットが回復する局面では、景気敏感株の値動きが好転しています。アルコアが1.44%と大きく上昇し、引け後の時間外取引でさらに0.07%上げているのが目を引きます。

Aa20101220

 なお、黒字転換の決算を発表したアドビ-・システムズが時間外取引で4.64%の急騰を見せています。

 このように見ると、小幅に下落したとはいえ、ダウ平均株価のい基調は決して悪いわけではなかったため、日経平均株価へのマイナスのインパクトはほとんどなさそうです。

「人気ブログランキング」に参加しています。記事がお役に立ちましたら、下のバナーをワン・クリックお願いいたします。大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

本文中で使用しているデータやグラフ類は主に次の各社の公表しているものにお世話になっております。経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MONEYMSN MONEY、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、サーチナ、ゴールデン・チャート、外為どっとコム  

|

« 今日の日経平均株価は? 12月21日 | トップページ | 今日のマーケットを振り返る 12月21日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

E グローバル経済と市場」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:  米国マーケットを振り返る 12月20日:

« 今日の日経平均株価は? 12月21日 | トップページ | 今日のマーケットを振り返る 12月21日 »