« 今日」の日経平均株価は? 12月29日 | トップページ | 今日のマーケットを振り返る 12月29日 »

2010年12月29日 (水)

米国マーケットを振り返る 12月28日

ポイント

 弱い経済指標が続いたにもかかわらず、ダウ平均株価は小高く終えています。強力な金融緩和政策がマーケットを押し上げている構図が垣間見える展開でした。

米国マーケットの動向

 停滞気味にスタートしたダウ平均株価でしたが、午後に入ると基調が強まり、20.51ドル、0.18%の小幅高で終えました。

20101228_2

 10月のS&P/ケース・シラー住宅価格指数と12月のコンファレンス・ボードによる消費者信頼感指数が相ついてコンセンサスを下回ったことが、マーケットの重石になったようです。

 しかし、金融緩和政策の強力な支えで弱い経済指標を厭わない、というよりむしろ好感するという動きが次第に鮮明になりました。

 年末商戦の好調さが伝えられ、米国経済の回復期待がマーケットを押し上げたとする見方もあったのですが、0.64%下落した百貨店メーシーズの株価が示唆するように、必ずしもそうとばかりは言えないようです。

M20101228

 むしろ、弱い経済指標を背景に、量的緩和政策の持続への期待感が強まったことが大きかったように思います。

 流動性の経済への注入が原油や金など国際商品市況を押し上げました。 エクソン・モービルが0.56%上昇したのが象徴的な動きでした。

Xom20101228

 産金会社ニューモント・マイニングも2.43%上げ、マーケットを支えています。

Nwm2010122800000

 VIX指数は0.85%と僅かに下落したのですが、ザラバの様子を見る限り投資家のセンチメントは、年末商戦の好調さから、景気の回復期待が高まったというような明るいものであったとは言い難い気がします。

Vix20101228

日経平均株価への示唆

 ダウ平均株価の上昇が日経平均株価に与える影響は限定的と見られます。

 ただし、経済指標が弱くてもマーケットは下げないという安心感が、日経平均株価を下支えする要因の一つになりそうです。

 蛇足ですが、量的緩和政策が続いている間に実体経済が期待に見合うような回復を見せれば、米国マーケットの上昇が続くと考えられますが、どうもその可能性は高くないようです。一時的にかなり大きな反落局面があるかもしれないということです。

「人気ブログランキング」に参加しています。記事がお役に立ちましたら、下のバナーをワン・クリックお願いいたします。大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

本文中で使用しているデータやグラフ類は主に次の各社の公表しているものにお世話になっております。経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MONEYMSN MONEY、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、サーチナ、ゴールデン・チャート、外為どっとコム 

|

« 今日」の日経平均株価は? 12月29日 | トップページ | 今日のマーケットを振り返る 12月29日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

E グローバル経済と市場」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国マーケットを振り返る 12月28日:

« 今日」の日経平均株価は? 12月29日 | トップページ | 今日のマーケットを振り返る 12月29日 »