« ちょtっと一言 : 日米株価乖離とドル円の最近の動き | トップページ | 米国の新規失業保険申請件数は予想を下回る »

2010年12月 9日 (木)

今日のマーケットを振り返る 12月9日

ポイント

 長期金利上昇による長短金利差の拡大から、銀行収益の回復期待が高まり、銀行株がマーケットの上昇を牽引した米国株式市場の動きをそのまま写したような日経平均株価でした。今日の米株先物は上昇して推移していますが、週間ベースの新規失業保険申請件数が気になるようです。先週の雇用統計の失望があるためか、上げ幅の縮小に警戒的な動きが感じられます。

日経平均株価の動きを振り返る

 45円高で寄り付いた日経平均株価は、前場で調整気味な動きを見せましたが、後場に盛り返し、寄り付きを僅かに9円足らず上回る53.55円、0.52%高で大引けとなりました。

20101208_3

 午前中は円高に振れたドル円が、午後になると円安方向に戻り基調になったことが、マーケットに影響したと見ています。

B20101208

 僅か0.53%の上昇にとどまったアドバンテストのザラバの動きに為替に影響が示唆されています。

20101208_4

 後場に入ると、銀行株の上昇が目立ちました。長短金利差の拡大が背景にあると見られます。米国マーケットと全く同様の構図です。三菱UFJフィナンシャルグループが3.73%の急騰を見せました。

20101208_5

海外市場の動向

 アジア市場はインド(-2.30%)と上海(-1.31%)を除いて、全般に上げています。インドは2時過ぎから機関投資家の売りが目立ち、急速に値を下げました。上海は利上げ懸念が調整の背景と見られます。

 欧州市場はマチマチです。オーストリアが1%を越えて上昇しているほかは、上げも下げも小幅という印象です。

 GLOBEXでは、ダウ(+33ドル)、ナスダック(6.0ポイント)ともに上昇しています。

20101208_6

 ただし、週間ベースの新規失業保険申請件数が気になっているように見えます。上げ幅が縮小気味になっていることから、多少警戒気味なスタンスが感じられます。先週は雇用統計に失望しているため、警戒的な動きは無理もないと思います。

 その他、10月の卸売統計の発表が予定されています。

明日の日経平均株価への示唆

 というわけで、明日の日経平均株価にも。これから発表される米国の新規失業保険申請件数の動向が大きく影響しそうな様子です。

 今朝の「今日の日経平均株価は? 12月9日」の「ポイント」の中で、「為替も円高基調で推移した」と書きましたが、「為替も円安基調で推移した」の誤りでした。申し訳ありません。

 寒くなって、布団から抜け出すのがつらくなり、寝ぼけた頭でタイプしているせいか、単純なミスが続きます。反省しております。

「人気ブログランキング」に参加しています。記事がお役に立ちましたら、下のバナーをワン・クリックお願いいたします。大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

本文中で使用しているデータやグラフ類は主に次の各社の公表しているものにお世話になっております。経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MONEYMSN MONEY、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、サーチナ、ゴールデン・チャート、外為どっとコム

|

« ちょtっと一言 : 日米株価乖離とドル円の最近の動き | トップページ | 米国の新規失業保険申請件数は予想を下回る »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

F 日本経済と市場」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日のマーケットを振り返る 12月9日:

« ちょtっと一言 : 日米株価乖離とドル円の最近の動き | トップページ | 米国の新規失業保険申請件数は予想を下回る »