« 今日の日経平均株価は? 1月6日 | トップページ | 円安で底上げされた日経平均株価のメドは? 1月6日 »

2011年1月 6日 (木)

米国マーケットを振り返る 1月5日

ポイント

 市場予想を上回る雇用関連の指標やISM非製造業景況指数を背景にダウ平均株価は上昇しました。しかし、ドル高が進んだこともあって、上げ幅は限定的でした。

米国マーケットの動向

 前日を僅かに下回ってスタートしたダウ平均株価は、直後に下げ幅を拡げ38ドル余りの下落となりました。しかし、徐々に回復に転じ、11時過ぎにプラスに転じると一段と基調を強め、31.71ドル、0.27%高で終えました。

20110105_2

 マーケット開始前に発表されたADP社による12月の全国雇用者数がコンセンサスを大きく上回り、チャレンジャー・グレイ・クリスマス社が発表した企業の雇用削減計画が過去13年間で最低水準に達したことが明らかになると、週末に予定されている12月の雇用統計に対する期待が高まりました。

 しかし、一方でドル高が急速に進んだことがスタート直後のマーケットを停滞させたようです。

A20110106_2

 ただ、10時に発表されたISM非製造業景況指数も事前予想を上回ったことから、次第に景気回復期待がドル高の重圧をはねのけたように見えます。

 マーケットのセンチメントを示唆するVIX指数は11時過ぎにかけて段階的に低下しており、投資家が徐々にリスク許容度を高めた様子が示されています。

Vix20110105

米国マーケットの個人的な見方

 ところで、0.27%というダウ平均株価の上昇率をどう理解するか、悩ましいところです。

 個人的には、強い経済指標にも関わらず、上げ幅が限定的であったと見ています。

 ドル高が上げ幅を抑えたという側面があることと、何度も繰り返すようですが、金融緩和政策の継続に懸念が生じる可能性が高いことです。

 特に、金曜日の雇用統計が強いものであれば、金融緩和政策の継続への懸念どころか、インフレ懸念まで台頭する可能性も否定できません。金曜日の雇用統計に注目したいと考えています。

「人気ブログランキング」に参加しています。記事がお役に立ちましたら、下のバナーをワン・クリックお願いいたします。大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

本文中で使用しているデータやグラフ類は主に次の各社の公表しているものにお世話になっております。経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MONEYMSN MONEY、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、サーチナ、ゴールデン・チャート、外為どっとコム

|

« 今日の日経平均株価は? 1月6日 | トップページ | 円安で底上げされた日経平均株価のメドは? 1月6日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

E グローバル経済と市場」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国マーケットを振り返る 1月5日:

« 今日の日経平均株価は? 1月6日 | トップページ | 円安で底上げされた日経平均株価のメドは? 1月6日 »