« 円安で底上げされた日経平均株価のメドは? 1月6日 | トップページ | 米国の週間ベース新規失業保険申請件数はほぼ予想通りだが »

2011年1月 6日 (木)

今日のマーケットを振り返る 1月6日

ポイント

 雇用関連の強い指標を背景としたダウ平均株価の上昇と、大幅な円安への振れを受けて、日経平均株価は大きく上昇しました。今日も米株先物が上げ幅を徐々に拡大しているため、明日の日経平均株価も堅調なスタートが期待できそうです。

今日の日経平均株価を振り返る

 96円高と大きく上昇してスタートした日経平均株価は、ザラバで徐々に値を切り上げ、148.99円、1.44%高で終えました。

20110106_3

 ダウ平均株価が小幅ながらも上昇したこともあったのですが、ドル円が大幅に円安に振れたインパクトが大きかったと見られます。

B20110106

 輸出関連株の好調さが目立ちましたが、東証33業種がすべて上昇していますから、円安がマーケット全体を底上げしたと見ています。ザラバで、ドル円は僅かに円高方向に振れたのですが、前日からの円安のマグニチュードが大きく、マーケットはほとんど気にしなかったようです。

海外市場の動向

 アジア市場はマチマチでした。下げたのはインドネシア(-1.25%)、インド(-0.68%)、上海(-0.51%)、韓国(-0.23%)。中国人民銀行のトップがインフレリスクに強い懸念を表明したことから、金融セクターが低迷した上海の動きが気になりましたが、日本への影響は見られなかったようです。

20110106_4

 アジア市場とは対照的に、欧州市場は堅調です。下げているのはオーストリア(-1.81%)、ベルギー(-0.26%)。全般に上げているのですが、上げ幅は限定的です。

 GLOBEXでは、ダウ(+28ドル)、ナスダック(+6.50ポイント)ともに上昇して推移しています。上げ幅は徐々に拡大しています。

Cme20110106

 今日は週間ベースの新規失業保険申請件数の発表が予定されていますが、前日の雇用関連の指標が強かったこともあって、強い数字を期待する明るいムードが感じられます(油断は大敵ですが)。前週の38万8千件に対して40万件というのがコンセンサスです。

「人気ブログランキング」に参加しています。記事がお役に立ちましたら、下のバナーをワン・クリックお願いいたします。大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

本文中で使用しているデータやグラフ類は主に次の各社の公表しているものにお世話になっております。経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MONEYMSN MONEY、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、サーチナ、ゴールデン・チャート、外為どっとコム 

|

« 円安で底上げされた日経平均株価のメドは? 1月6日 | トップページ | 米国の週間ベース新規失業保険申請件数はほぼ予想通りだが »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

F 日本経済と市場」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日のマーケットを振り返る 1月6日:

« 円安で底上げされた日経平均株価のメドは? 1月6日 | トップページ | 米国の週間ベース新規失業保険申請件数はほぼ予想通りだが »