« 米国マーケットを振り返る 1月5日 | トップページ | 今日のマーケットを振り返る 1月6日 »

2011年1月 6日 (木)

円安で底上げされた日経平均株価のメドは? 1月6日

 米国の好調な雇用関連統計を反映して、大きくドル高円安が進んでいます。

 前日の米国長期金利が日中に上昇を続け、景気回復期待の高まりを示唆しています。

1020110105

 この米国長期金利の上昇で、日米の金利差が拡大したことが、ドル高円安の背景の一つになっていると見られます。

 そこで気になるのは、円安で大幅に底上げされた日経平均株価のメドです。

 注目しているのは、日米の株価乖離とドル円の動向の連動性の高さです。

20110106

 最近の動きを拡大すると下図のようになっています。

20110106_2

 この連動性の高さを前提とすると、現在のドル円83.2円/ドルに対応する日米株価乖離は-1220ポイント程度。(11月16日にはドル円83.26円に対して、株価乖離-1226.40ポイント)

 とすれば、前日のダウ平均株価は11.722.89ドルでしたから、メドとなる日経平均株価はそれを1220ポイント下回る10,502円ということになります。

 現在は10.510円程度での推移です。ドル円がさらに大きく円安に振れるか、今日のダウ平均株価が大幅に上昇を続けることがない限り、日経平均株価のさらなる上昇は期待しにくいということです。果たしてどうなりますか?

「人気ブログランキング」に参加しています。記事がお役に立ちましたら、下のバナーをワン・クリックお願いいたします。大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

本文中で使用しているデータやグラフ類は主に次の各社の公表しているものにお世話になっております。経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MONEYMSN MONEY、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、サーチナ、ゴールデン・チャート、外為どっとコム

|

« 米国マーケットを振り返る 1月5日 | トップページ | 今日のマーケットを振り返る 1月6日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

F 日本経済と市場」カテゴリの記事

J 為替」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 円安で底上げされた日経平均株価のメドは? 1月6日:

« 米国マーケットを振り返る 1月5日 | トップページ | 今日のマーケットを振り返る 1月6日 »