« 米国マーケットを振り返る 2月11日 | トップページ | 今日のマーケットを振り返る 2月14日 »

2011年2月14日 (月)

今日の日経平均株価は? 2月14日

ポイント

 ドル円が小動きでスタートしていますので、今日の日経平均株価は先週金曜日の米国株式市場の展開を映したスタートになると考えています。日経平均株価は10,700円の近辺での寄り付きとなりそうです。ただ、ザラバで一段と水準を引き上げる要因が見えません。軟調な局面を警戒したいと思っています。しかし、連動性の高い米国株式市場の堅調さが続いているため、日経平均株価の調整があったとしても、マグニチュードは限定的なようです。

今日の日経平均株価は?

 今朝のドル円はわずかに円安に振れて始まっています。週末に予想外の出来事がなかったことを示唆しています。

A20110214

 エジプト問題の一段落や、早期利上げ期待があるはずのユーロが下落して始まったのが多少意外でしたが、すぐに戻していますので影響はなさそうです。

A_20110214

 ということで、先週金曜日のCME日経先物価格(円ベース)10,705円を念頭に入れて、今日の日経平均株価は10,700円の近辺での寄り付きと考えています。

Cme20110211

 ザラバでは、マーケットを一段と引き上げる特別な要因は見当たりません。

 10-12月のGDPは、猛暑効果の反動、エコカー補助金の終了、たばこ増税の駆け込み需要の反動などが影響して、前期比でマイナスになりそうですが、理由が明確ですので大きな影響はなさそうです。

 決算は200社あまり。大塚ホールディングス、住友ゴム工業、東京海上ホールディングスなどがありますが、マーケットへの影響は大きくないとみています。

 したがって、寄り付きが10,700円近くということになると、ザラバでは腰砕けから調整局面がある可能性を警戒しています。

 ただし、日経平均株価の上昇は国内要因によって牽引されたものではなく、米国株式市場の上昇に支えられたものですから、米国の堅調な展開に大きな変化がない以上は、日本の調整が、仮にあったとしても、限定的なものになると思っています。

「人気ブログランキング」に参加しています。記事がお役に立ちましたら、下のバナーをワン・クリックお願いいたします。大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

本文中で使用しているデータやグラフ類は主に次の各社の公表しているものにお世話になっております。経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MONEYMSN MONEY、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、サーチナ、ゴールデン・チャート、外為どっとコム

|

« 米国マーケットを振り返る 2月11日 | トップページ | 今日のマーケットを振り返る 2月14日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

F 日本経済と市場」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の日経平均株価は? 2月14日:

« 米国マーケットを振り返る 2月11日 | トップページ | 今日のマーケットを振り返る 2月14日 »