« 今日の日経平均株価は? 4月11日 | トップページ | 今日の日経平均株価は? 4月12日 »

2011年4月11日 (月)

日米の景気動向を比較してみると・・・・

 ちょっと遅くなりましたが、3月31日に米国商務省が発表した2月の「製造業出荷・在庫・受注統計」(「製造業受注とも呼ばれ、事前に発表される「耐久財受注」の注目度が高い)を用いた全製造業在庫循環モメンタムも動きを見ると、次のようになっています。

2011220110410

 もう少し最近の動きを詳細に見ると、在庫循環モメンタムの底打ちが鮮明に見られます。

2011220110410_2

 簡単なシミュレーションで今後の動きを予想すると、多少モタつく局面もありそうですが、底打ちの基調に変化はなさそうです。

2011220110410_3

 なぜ米国の動きに注目するのか? 日米の連動性が高いためです。

2011220110410_4

 そうであるならば、日本も米国と同じように底打ちの動きとなるのか?東日本大震災による影響のため、そうはいかないようです。日本の指標が下方に乖離する可能性が高そうです。その日本の今後の動向は、原発問題が進行中であり、予測は非常に難しいと考えます。

 そこで、日米の在庫循環モメンタムの動きを長期的に比較して、乖離の局面を観察してみたいと思います。

2011220110410_5

 目立つのは1990年台初頭。背景は日本の資産バブル崩壊。次に2005年から2008年あたり。背景は米国のサブプライムローンの拡大と急速な悪化。その他の期間は、非常に高い連動性が見られます。

 となると、今回はどうやら日本の下方乖離が避けられないようです。景気と株価の連動性を勘案すれば、日本の株式市場は米国に比較して停滞する局面が懸念されます。

 ドル円が円安に振れても、日経平均株価の停滞が目立つのは、このあたりも影響しているのではと考えています。極端に悲観する必要はないかもしれませんが、単純に大震災でマーケットが急落した反動が続いて元の水準に復帰すると期待するのは危険な気がしています。

 ただし、日本再生という観点から、長期的な株価上昇シナリオは簡単に揺らぐことはなさそうですので念のため。復興需要だけでなく、東京電力のおかげで、エネルギー効率の高い競争力のある製造業の復活を期待しています。

「人気ブログランキング」に参加しています。記事がお役に立ちましたら、下のバナーをワン・クリックお願いいたします。大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

本文中で使用しているデータやグラフ類は主に次の各社の公表しているものにお世話になっております。経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MONEYMSN MONEY、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、サーチナ、ゴールデン・チャート、外為どっとコム

|

« 今日の日経平均株価は? 4月11日 | トップページ | 今日の日経平均株価は? 4月12日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

E グローバル経済と市場」カテゴリの記事

F 日本経済と市場」カテゴリの記事

G ストラテジー」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日米の景気動向を比較してみると・・・・:

» カードでお金!クレジットカード現金化を徹底比較|比較ステーション [カードでお金 クレジットカード現金化|比較ステーション]
カードでお金!クレジットカード現金化を徹底比較|比較ステーションhttp://www.genkin-ka.com/ [続きを読む]

受信: 2011年4月13日 (水) 00時22分

« 今日の日経平均株価は? 4月11日 | トップページ | 今日の日経平均株価は? 4月12日 »