« 気がかりな米国マーケットの動向 5月5日 | トップページ | 今日の日経平均株価は? 5月6日 »

2011年5月 5日 (木)

米国の景気動向を在庫循環モメンタムで見ると・・・

 米国景気の減速懸念が株式市場の重石になっています。

 しかしながら、5月3日に米国商務省が発表した3月の製造業受注指数(出荷・在庫・受注指数)を用いて全製造業在庫循環モメンタムを作成すると、僅かではありますが景気の改善基調が続いています。基調として底打ちが一段と鮮明になっています。

2011320110505

 日米の在庫循環モメンタムを比較すると、両者は非常に高い連動性を保っていたのですが、ここにきて大きく乖離しています。理由は日本の東日本大震災。

2011320110505_2

 したがって、個人的には、米国景気の減速懸念が株式市場の停滞の原因になっているというべきなのか多少の疑問があります。

 むしろ気になるのは、FRBの量的金融政策第2弾(QE2)以降、景気の実態に対して株価の上昇が著しく進行したこと。

20110505

 となれば、QE2が終了すれば、マーケットに調整色が強まるのはやむなしということになりそうです。ふんだんに流動性を供給する政策が終結するとなれば、国際商品市況への影響も無視できないところです。

「人気ブログランキング」に参加しています。記事がお役に立ちましたら、下のバナーをワン・クリックお願いいたします。大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

本文中で使用しているデータやグラフ類は主に次の各社の公表しているものにお世話になっております。経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MONEYMSN MONEY、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、サーチナ、ゴールデン・チャート、外為どっとコム

|

« 気がかりな米国マーケットの動向 5月5日 | トップページ | 今日の日経平均株価は? 5月6日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

E グローバル経済と市場」カテゴリの記事

G ストラテジー」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国の景気動向を在庫循環モメンタムで見ると・・・:

« 気がかりな米国マーケットの動向 5月5日 | トップページ | 今日の日経平均株価は? 5月6日 »