« 米国マーケットを振り返る 6月1日 | トップページ | 5月の雇用統計は予想を下回る »

2011年6月 3日 (金)

今日の日経平均株価は? 6月3日

ポイント

 ダウ平均株価は下落したのですが、日経平均株価は僅かに上げてのスタートになりそうです。9,575円の近辺での寄り付きを想定しています。国内の政治的な混乱がマーケットに及ぼす影響は限定的でしょうが、5月の雇用統計を控える米株先物の動きが気になります。ザラバは、前日に大きく下げた反動もあって、一段の下げはさそうですが、軟調気味な小動きでの推移と見ています。

米国マーケットを振り返る

 前日の大幅下落の流れを引き継いで、下げ幅を拡大したダウ平均株価でしたが、12時前から基調が変わりました。99.6ドルから41.59ドルまで下げ幅を縮小して終えています。

20110602

 週間ベースの新規失業保険申請件数が予想よりも多く、5月の小売の既存店売上高が弱かったことがマーケットを冷やしたようです。0.92%下げた百貨店メイシーズのザラバの動きにその様子が示唆されています。

M20110602

 加えて、金価格の軟調な動きを映して、金鉱株ニューモント・マイニングの午前中の低迷が目を引きました。

Nem20110602

 1.15%ほど低下したVIX指数ですが、12時前にかけて急速な上昇を見せ、投資家心理が一時的に大きく悪化した様子が示されています。

Vix20110602

今日の日経平均株価は?

 CMEの日経先物価格(円ベース)9,575円の近辺を、今日の日経平均株価の寄り付きのメドとしています。

Cme20110602

 ドル円は小動きにとどまっており、マーケットへの影響は大きなものではなさそうだと見ています。

A20110603

 ザラバに大きく影響を与える特別な要因はなさそうですが、政治をめぐる混乱が少しばかりの重石になる可能性がありそうです。しかし、それ以上に5月の雇用統計を控える米株先物の動きに注目しています。

 今日は主要な経済指標の発表は予定されておらず、決算も13社ほどでマーケットへの影響はなさそうです。

 以上から、ザラバは軟調な小動きと見て臨むつもりです。

国内の政治的な混乱について

 前日は管内閣不信任決議案の動向にマーケットの注目が集まったようです。しかし、米国株式市場の急落を反映したCMEの日経先物価格(円ベース)が9,530円程度。それに対して日経平均株価の終値は9,555円でしたから、国内の政治要因の株価への影響度は、その他のもろもろの要因を合わせて25円程度。

20110602_3

 個人的には、国内の政治的な混乱は軽視すべきではないものの、マーケットへの影響は限定的で、米国市場と為替の動きの影響のほうが重要であると考えています。理由は日米株価の短期的な連動性の高さです。

「人気ブログランキング」に参加しています。記事がお役に立ちましたら、下のバナーをワン・クリックお願いいたします。大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

本文中で使用しているデータやグラフ類は主に次の各社の公表しているものにお世話になっております。経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MONEYMSN MONEY、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、サーチナ、ゴールデン・チャート、外為どっとコム

|

« 米国マーケットを振り返る 6月1日 | トップページ | 5月の雇用統計は予想を下回る »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

F 日本経済と市場」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の日経平均株価は? 6月3日:

« 米国マーケットを振り返る 6月1日 | トップページ | 5月の雇用統計は予想を下回る »