« 今日の日経平均株価は? 6月10日 | トップページ | 米国マーケットを振り返る 6月10日 »

2011年6月10日 (金)

米国マーケットを振り返る 6月9日

 6日連続の下げからの反動もあって、大幅高で推移していたダウ平均株価でしたが、3時ごろから大引けにかけて勢いを失ってしまいました。134.18ドル高まで上げ幅を拡大していたのですが、結局75.42ドル、0.63%高で終えました。

20110609

 4月の輸出が好調に推移して貿易赤字が縮小したことがマーケットを押し上げたとする見方があるようです。しかし、4月は対ユーロ、対円で大幅にドル安に振れていたことに注意する必要があります。5月には再び対ユーロ、対円ともにドル高に戻しているからです。

 週間ベースの新規失業保険申請者数が予想よりも多かったこともあって、結局のところ続落の反騰という要素が強く、決して基調転換を示唆する力強いものではなさそうだと考えています。

 3時過ぎからの調整局面では、消費関連のウォルマートが大きく値を崩したことが目を引きました。

Wmt20110609

 VIX指数は5.43%と比較的に大きく低下して、投資家心理の改善を示唆しているのですが、それでも大引けにかけては上昇に転じています。

Vix20110609

 というわけで、今日の日経平均株価は米国株式市場の上昇を映して好調なスタートとなりそうですが、国内経済指標が大きくマーケットを左右することはなさそうなので、調整局面に多少警戒して臨むつもりです。

 

「人気ブログランキング」に参加しています。記事がお役に立ちましたら、下のバナーをワン・クリックお願いいたします。大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

本文中で使用しているデータやグラフ類は主に次の各社の公表しているものにお世話になっております。経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MONEYMSN MONEY、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、サーチナ、ゴールデン・チャート、外為どっとコム

|

« 今日の日経平均株価は? 6月10日 | トップページ | 米国マーケットを振り返る 6月10日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

E グローバル経済と市場」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国マーケットを振り返る 6月9日:

« 今日の日経平均株価は? 6月10日 | トップページ | 米国マーケットを振り返る 6月10日 »