« 今日の日経平均株価は? 6月30日 | トップページ | 米国株式市場を振り返る 7月1日 »

2011年7月 1日 (金)

今日の日経平均株価は? 7月1日

ポイント

 米国株式市場の急騰を映して、日経平均株価も高めのスタートを期待しています。9,890円の近辺を想定しています。今日は短観をはじめ国内経済指標の発表が続きますが、ザラバの動きは米株先物の推移に大きく影響されると見ています。現時点では堅調なザラバ展開と考えていますが、正直なところ、米国株式市場の急反落に警戒しています。

米国マーケットを振り返る

 ダウ平均株価は152.92ドル、1.25%の大幅高となりました。上昇の大部分がスタートから1時間ほどで達成されたように見えます。

20110630

 ギリシャ議会が財政緊縮法案を可決したことや、6月のシカゴPMI(購買者協会景況指数)がコンセンサスを大きく上回ったことがマーケットを押し上げたようです。

 代表的なハイテク指標であるSOX指数(フィラデルフィア半導体指数)が2.54%の急騰となったのが目を引きました。

Sox20110630

 とは言え、6月最終日の大幅上昇が、今後の持続的な上昇を示唆するものであるかどうか、いささか疑問を感じています。ウィンドウ・ドレッシングに、シカゴPMIの驚きを引き金にする売り方の買い戻しがマーケットを押し上げたとすれば、その反動を念頭に置く必要があるためです。

 米国長期金利の上昇とともにダウ平均株価は上昇してきたのですが、その長期金利はザラバで頭打ちの兆しを見せています。

520110630

 VIX指数はスタート直後に急落して、投資家心理の改善を示したのですが、次第に上昇に転じています。

Vix20110630

今日の日経平均株価は?

 CMEの日経先物価格(円ベース)9,890円を、今日の日経平均株価の寄り付きの一応のメドとしています。

Cme20110630

 今日は日銀短観のほか、消費者物価指数、失業率、有効求人倍率など5月の重要な経済指標の発表が続きます。

 決算は、スリーエフ、ハイティ日高など13社ほど。

 CMEの日経平均株価の上昇がダウ平均株価の動きに比べて小さめであることから、ザラバでは一段高となる局面があるかもしれません。

 国内経済指標の影響もありそうですが、それ以上に、ISM製造業景況指数を控える米株先物の動向が気になります。前日のマーケット急騰の反動があるかどうかに注目したいと考えています。

 現時点では基調として堅調なザラバ展開を考えています。  

「人気ブログランキング」に参加しています。記事がお役に立ちましたら、下のバナーをワン・クリックお願いいたします。大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

本文中で使用しているデータやグラフ類は主に次の各社の公表しているものにお世話になっております。経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MONEYMSN MONEY、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、東洋経済新報社、サーチナ、ゴールデン・チャート、外為どっとコム

|

« 今日の日経平均株価は? 6月30日 | トップページ | 米国株式市場を振り返る 7月1日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

F 日本経済と市場」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の日経平均株価は? 7月1日:

« 今日の日経平均株価は? 6月30日 | トップページ | 米国株式市場を振り返る 7月1日 »