« 今日の日経平均株価は? 9月2日 | トップページ | 米国マーケットを振り返る 9月2日 »

2011年9月 2日 (金)

8月の米国雇用統計を前に

 日本時間の午後9時30分に米国の8月雇用統計が発表されます。非農業部門雇用者数が6万8千人の増加、失業率が9.1%と前月と同じというのが事前予想ですが、果たしてどうなるか?

 常識的に見れば、事前予想よりも良ければダウ平均株価は上昇、悪ければ株価は下落ということになるということでしょう。

 しかしながら、個人的には逆だろうと考えています。強い雇用統計は、9月20-21日にFOMCで検討される金融緩和策導入の可能性を低いものにします。雇用統計が弱ければ、QE3に対する期待が高まります。

 したがって、強い雇用統計→ダウ平均株価は一時的に上昇→その後は下落、という展開になりそうな一方、弱い雇用統計→ダウ平均株価は一時的に下落→その後が金融緩和期待で上昇、と考えています。

 GLOBEXのダウ先物価格は軟調な推移です。

20110902

 とりあえず、雇用統計が弱いことを懸念する動きですが、もし実際に弱い数字が出てくれば、株価はむしろ上昇すると判断しています。

「人気ブログランキング」に参加しています。記事がお役に立ちましたら、下のバナーをワン・クリックお願いいたします。大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

本文中で使用しているデータやグラフ類は主に次の各社の公表しているものにお世話になっております。経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MONEYMSN MONEY、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、東洋経済新報社、サーチナ、ゴールデン・チャート、外為どっとコム 

|

« 今日の日経平均株価は? 9月2日 | トップページ | 米国マーケットを振り返る 9月2日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

E グローバル経済と市場」カテゴリの記事

K ちょっと一言」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8月の米国雇用統計を前に:

« 今日の日経平均株価は? 9月2日 | トップページ | 米国マーケットを振り返る 9月2日 »