« 今日の日経平均株価は? 9月1日 | トップページ | 8月の米国雇用統計を前に »

2011年9月 2日 (金)

今日の日経平均株価は? 9月2日

ポイント

 ダウ平均株価の反落を映して、日経平均株価も低めのスタートになりそうです。8,990円の近辺を想定しています。国内に目立った経済指標の発表が予定されていないこともあって、ザラバは為替と、8月の雇用統計を控える米株先物の動向に神経質に反応する展開になりそうだと考えています。現時点では、方向感のない小動きと見て臨むつもりです。

米国マーケットの動向

 注目されていた8月のISM製造業景況指数が事前予想を上回り、景況判断の分岐点である50を越えたことから103.31ドルまで上げ幅を拡げたダウ平均株価でしたが、その後は一転して軟調な展開となり、結局119.96ドル、1.03%,安で終えています。

20110901

 午後に入ってからの調整が目立ちましたが、その牽引役は金融株でした、FRBから住宅差押え措置の見直しを勧告されたゴールドマン・サックスが3.49%下げたことがきっかけになったと見られます。JPモルガン・チェースも3.35%の急落となっていますが、午後に入ってからの低迷が目を引きます。

Jpm20110901

 VIX指数は0.63%の上昇と小動きでしたが、午後に入って上昇が目立ち、投資家心理が悪化したことを示唆しています。

Vix20110901

今日の日経平均株価は?

 CMEの日経先物価格(円ベース)8,990円の近辺を、今日の日経平均株価の寄り付きのメドとしています。

Cme20110901

 ドル円は多少円安方向に振れる動きを見せており、ある程度マーケットの下支えになりそうです。

A20110902

 一方で、8月の雇用統計を控える米株先物の推移から目を離せず、ザラバは上値を追い展開になりそうです。

 国内で目立った経済指標の発表は予定されていません。

ちょっと一言

 何度か繰り返しましたが、米国マーケットは、米国経済の低迷を理由として、QE2を引き継ぐような金融緩和政策の導入を期待して大幅に上昇してきました。

 その金融政策の導入を正当化するためには、弱い経済指標が続くことが必要です。

 ところが、8月31日のシカゴPMIや製造業受注、9月1日のISM製造業景況指数と相次いでコンセンサスを上回る経済指標が続いています。

 良い経済指標は、QE3導入の可能性を低くするため、株価に好影響を与えるとは限らないことを念頭に入れておくことは必要と思われます。

 参考までに、8月のISM製造業景況指数を多少詳細にコメントしておきます。指数は50.6と、景気判断の基準である50を上回っています。ただし、在庫の伸びが強い数字の背景になっています。

Ism820110901

「人気ブログランキング」に参加しています。記事がお役に立ちましたら、下のバナーをワン・クリックお願いいたします。大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

本文中で使用しているデータやグラフ類は主に次の各社の公表しているものにお世話になっております。経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MONEYMSN MONEY、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、東洋経済新報社、サーチナ、ゴールデン・チャート、外為どっとコム

|

« 今日の日経平均株価は? 9月1日 | トップページ | 8月の米国雇用統計を前に »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

F 日本経済と市場」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の日経平均株価は? 9月2日:

« 今日の日経平均株価は? 9月1日 | トップページ | 8月の米国雇用統計を前に »