« 米国マーケットを振り返る 10月6日 | トップページ | 今日の日経平均株価は? 10月11日 »

2011年10月 8日 (土)

米国マーケットを振り返る 10月7日

 所用のため、簡単に失礼します。

 ダウ平均株価は20.21ドル、0.18%の小幅反落となりました。と言っても、3連騰の後の週末ですから、不自然な動きという印象はありませんでした。

20111007

 非農業部門の雇用者数がコンセンサスを上回った9月の雇用統計を背景に10時半近くには108.72ドルまで上げ幅を拡大しました。

 しかし、その後は調整色を強め、1時半過ぎには72.20ドル安を付けました。ザラバの高値から180.92ドルとかなり大きな下げです。

 そして大引けにかけて再び上下に振れましたが、結局は小幅安で終えています。

 ザラバの調整の理由ですが、フィッチ社によるイタリア、スペインの長期国債の格下げに加えて、ムーディーズ社が英銀を格下げしたことなどが指摘されています。

 ただし、イタリア(FTSE MIB)は1.29%、スペイン(IGBM)が1.09%、イギリス(FTSE)が0.23%と軒並みに上げています。さらに、ギリシャ(アテネ総合指数)も0.59%の上昇です。

 したがって、欧州の動きは確かにダウ平均株価でしたが、調整の主要因ではなかったように見えます。

 むしろ3連騰の反動や、強い雇用統計が積極的な金融緩和の足かせになる可能性が意識されたのではと考えています。

 いずれにしても、あまり大きな意味のある下げではありませんでした。VIX指数は0.19%とわずかながら低下しており、マーケットのセンチメントの改善を示しています。

Vix20111007_2 

 この動きを映して、CMEの日経先物価格(円ベース)は8,610円と、日経先物の夜間取引の終値8,570円を上回っています。

Cme20111007

 月曜日の東京マーケットはお休みです。

「人気ブログランキング」に参加しています。記事がお役に立ちましたら、下のバナーをワン・クリックお願いいたします。大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

本文中で使用しているデータやグラフ類は主に次の各社の公表しているものにお世話になっております。経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MONEYMSN MONEY、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、東洋経済新報社、サーチナ、ゴールデン・チャート、外為どっとコム 

|

« 米国マーケットを振り返る 10月6日 | トップページ | 今日の日経平均株価は? 10月11日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

E グローバル経済と市場」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国マーケットを振り返る 10月7日:

« 米国マーケットを振り返る 10月6日 | トップページ | 今日の日経平均株価は? 10月11日 »