2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

チャート

  • チャート
    by 株価チャート「ストチャ」

株価動向

重要なお知らせ

  • 重要なお知らせ
    本ブログに掲載されている情報や意見は、スケアクロウ投資経済研究所が信頼するに足ると判断した情報に基づいて作成したものですが、その完全性や正確性を保証するものではありません。投資にかかわる最終的な判断は投資家ご自身の自己責任において行ってください。
無料ブログはココログ

« 11月の鉱工業出荷在庫バランス : わずかに低下 | トップページ | ちょっと一息 : 平家物語? »

2011年12月28日 (水)

11月の鉱工業出荷在庫バランス詳報

 本日、経済産業省が発表した11月の鉱工業生産動向をベースに作成した出荷在庫バランスを多少詳細に見てみたいと思います。図の数が多いので、気楽に印象を掴んでいただければ十分です。

まず長期的な動き。11月は多少下落したものの、極端な動きではないことがわかります。

201111_11

 最近の動きを拡大してみると、出荷が頭打ちで、在庫がわずかに積みあがっています。

201111_3

 鉱工業の内訳として耐久消費財を見ると下落が加速しています。タイの洪水の影響で乗用車の停滞が原因であるように見えるのですが、実は後述するように乗用車は悪化していません。東日本大震災後に急増した家具類などの動きが一巡しつつあることが大きいようです。

201111_4

 非耐久消費財も下落していますが、出荷の状態は悪化していません。大震災後に見られた在庫の払底局面から徐々に正常化に向かったことが背景にあるようです。もともと、食料品や衣料などはディフェンシブな特性があり安定的に推移するのが特徴ですから大きな心配はないと見ています。

201111_5

 機械類などの資本財に徐々に底打ちの兆しが見えてきました。キャッシュが豊富な企業の中に、設備投資を増加する動きだ出てきたと伝えられているため、さらに底打ちが鮮明になりそうです。

201111_6

 ただし、輸送機械部門を除く資本財の基調は比較的に弱いようです。つまり、自動車など輸送機械部門の状況が比較的に良いということです。タイの洪水で水浸しになった工作機械は廃棄せざるを得ないようですから、輸送機械関連の事業環境はかなり改善しつつあるようです。

201111_7

 建設財の低迷が続いています。東日本大震災からの復興が著しく遅れていることが最大の理由です。政治のリーダーシップを担う人材の欠如が致命的と言えそうです。しかし、そう悲観的にならず、来年はこの指標の上昇が鉱工業全体を引き上げる可能性があると考えれば良いのではと思っています。

201111_8

 電子部品や、鉄鋼(高炉)、化学製品などの生産財は僅かに反落しました。一時的な息切れだと考えています。

201111_12

 より詳細な分類の中から乗用車を見ると、かなり基調が強いことはすでに指摘した通りです。タイの洪水は生産の頭を抑えましたが、そのために在庫の増加も抑制されたようです。

201111_9

生産財の中の集積回路(半導体)は小動きです。ただし、最悪の状態からは抜け出しつつあるように見えます。

201111_10

 ということで、長くなってしまいましたが、2012年は建設財の本格的な反発がいつごろから鮮明になるかが注目されます。

「人気ブログランキング」に参加しています。記事がお役に立ちましたら、下のバナーをワン・クリックお願いいたします。大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

本文中で使用しているデータやグラフ類は主に次の各社の公表しているものにお世話になっております。経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MONEYMSN MONEYBloomberg,アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、東洋経済新報社、サーチナ、ゴールデン・チャート、外為どっとコム

« 11月の鉱工業出荷在庫バランス : わずかに低下 | トップページ | ちょっと一息 : 平家物語? »

1.かかし」カテゴリの記事

C.経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11月の鉱工業出荷在庫バランス詳報:

« 11月の鉱工業出荷在庫バランス : わずかに低下 | トップページ | ちょっと一息 : 平家物語? »

フォト

最近のトラックバック

ブログランキング