2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

チャート

  • チャート
    by 株価チャート「ストチャ」

株価動向

重要なお知らせ

  • 重要なお知らせ
    本ブログに掲載されている情報や意見は、スケアクロウ投資経済研究所が信頼するに足ると判断した情報に基づいて作成したものですが、その完全性や正確性を保証するものではありません。投資にかかわる最終的な判断は投資家ご自身の自己責任において行ってください。
無料ブログはココログ

« 米国マーケットを振り返る 3月2日 | トップページ | 今日のマーケットは? 3月5日 »

2012年3月 3日 (土)

出荷在庫バランスで見た1月の鉱工業生産動向

 2月28日に経済産業省が発表した1月の鉱工業生産動向をベースにした出荷在庫バランスの動きを見てみたいと思います。期待した復興需要が意外に軟調でしたが、耐久消費財の復調が目立ち、全体としては堅調な動きでした。

 まず鉱工業全体の動き。前月に比べて上昇しています。出荷が底堅い中で、在庫の圧縮が進んでいます。

20121_3

 耐久消費財が大きく上昇しました。タイの洪水の影響からの反動もあって、自動車の反発か目立っています。

20121_4

 非耐久消費財には目立った動きはありませんでした。東日本大震災で激減した在庫を回復する動きはほぼ完了したようです。

20121_5

 資本財はわずかな上昇です。力強さは依然として見られませんが、底打ちは鮮明になってきたようです。洪水後のタイにおける復興需要、増産体制をとる自動車関連からの需要など、環境は改善しているようです。

20121_9

 東日本大震災の復興需要を担う建設財。意外にも反落に転じました。しかし、この動きは大雪などの特殊な要因の影響が大きいと見ています。今後は反発の動きが鮮明になりそうです。

20121_7

 電子部品や、鉄鋼(高炉)・化学製品などの生産財。底入れに基調は鮮明ですが、動きは遅々としています。円高の影響が大きいと考えています。ただし、この後は円高修正が進んでいますので、展開が楽しみです。

20121_8

 以上の動きを見ると、鉱工業全体の出荷在庫バランスは上昇基調がより明確に出てくるものと思われます。

「人気ブログランキング」に参加しています。記事がお役に立ちましたら、下のバナーをワン・クリックお願いいたします。大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

本文中で使用しているデータやグラフ類は主に次の各社の公表しているものにお世話になっております。経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MONEYMSN MONEYBloomberg,アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、日本経済新聞社、東洋経済新報社、サーチナ、ゴールデン・チャート、外為どっとコム

« 米国マーケットを振り返る 3月2日 | トップページ | 今日のマーケットは? 3月5日 »

1.かかし」カテゴリの記事

C.経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528737/54119985

この記事へのトラックバック一覧です: 出荷在庫バランスで見た1月の鉱工業生産動向:

« 米国マーケットを振り返る 3月2日 | トップページ | 今日のマーケットは? 3月5日 »

フォト

最近のトラックバック

ブログランキング