2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

チャート

  • チャート
    by 株価チャート「ストチャ」

株価動向

重要なお知らせ

  • 重要なお知らせ
    本ブログに掲載されている情報や意見は、スケアクロウ投資経済研究所が信頼するに足ると判断した情報に基づいて作成したものですが、その完全性や正確性を保証するものではありません。投資にかかわる最終的な判断は投資家ご自身の自己責任において行ってください。
無料ブログはココログ

« 今日のマーケットは? 6月4日 | トップページ | 再び連動性が強まる日経平均株価とドル円 »

2013年6月 7日 (金)

今日のマーケットは? 6月7日

 週間ベースの新規失業保険申請件数が僅かながらも予想より多かったことが、金曜日に発表される5月の雇用統計に対する警戒感を醸成する一方で、ドル安円高に振れた為替がマーケットを押し上げました。ダウ平均株価は80.03ドル、0.53%高で終えています。

20130606


 VIX指数は4.97%低下して、投資家がリスク許容度を高めた様子が示唆されています。

Vix20130606


 CMEの日経先物価格(円ベース)は12,745円となっています。

Cmeb20130606


 ドル円は大きく円高に振れたあと膠着状態にあるようです。

A20130607


 今日は国内では4月の景気動向指数速報、米国では5月の雇用統計が発表されます。

 

 今日の日経平均株価は12,706円、日経先物価格は12,710円でスタートしています。この後の展開は予想しにくいのですが、ドル円が一段の円高に振れることがなく小幅な変動にとどまれば、株価も同様の推移をたどると見ています。

 

 最近の日経先物価格の増減を要因別に分解すると次のようになっています。

Photo


 長期的に見ると、日経先物価格の動きはダウ平均株価と為替の変動に大きく影響されてきました。ところは上図に見るように、「その他」項目(米国と為替以外の要因による影響額)がマーケットを掻き回してきました。しかし、「その他」の影響が縮小する兆しが見え始めているのではと見ています。したがって、ドル円の変動に沿ったマーケットの動きが期待できそうです。

 

「人気ブログランキング」に参加しています。記事がお役に立ちましたら、下のバナーをワン・クリックお願いいたします。大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

本文中で使用しているデータやグラフ類は主に次の各社の公表しているものにお世話になっております。経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MONEYMSN MONEYBloomberg,アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、日本経済新聞社、東洋経済新報社、サーチナ、ゴールデン・チャート、外為どっとコム

 

 

« 今日のマーケットは? 6月4日 | トップページ | 再び連動性が強まる日経平均株価とドル円 »

1.かかし」カテゴリの記事

A.今日のマーケットは?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528737/57540828

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のマーケットは? 6月7日:

« 今日のマーケットは? 6月4日 | トップページ | 再び連動性が強まる日経平均株価とドル円 »

フォト

最近のトラックバック

ブログランキング